品川近視クリニックでレーシック手術

レーシック、インターネット、雑誌などで、最近、話題になっているため、ご存知の方も多いだろう。視力矯正手術のことである。その方法は、医療用レーザーによって角膜の形を変えて屈折異常を矯正することで、視力を回復させるというもの。現在では、かなり安全性の高い手術と言われており、実際に、かなり多くの方が、このレーシックにより、視力の回復に成功し、夢の裸眼ライフを楽しんでいるという。

しかし、手術というと、やはり怖い。手術という言葉自体も怖いけれど、角膜の形をレーザーで変えるなどと言われると、もう想像しただけで卒倒しそうになるという方もいらっしゃるのでは?

そして、手術といえば、一番怖いのが失敗である。レーシックの失敗により・・・失明はしないの?
怖い副作用みたいなものはないの?
という不安が、あげられそうだ。

これについて、まず、レーシックの失敗で失明したという例はないそうである。続いて、怖い副作用はないのかという点、これについては、個人差があり何ともいえないということだ。ただ、かなり珍しい例でいえば、ピント調節機能の低下、暗い場所での視力の低下、光を過敏に感じてしまう・・・などがあるが、これは本当に珍しいということだ。

前述のようなことに悩む人もいれば、副作用などに全く悩むことなく、快適な裸眼ライフを満喫している人も大勢いる。その他、ドライアイに悩むなど術後の合併症についての問題などもあるようだが、これも個人差があり、症状が出る人と出ない人があるという。

視力の低下という悩みから開放されたくて受けるレーシック。なるべくなら、さらに、術後に目に関しての悩みを余計に抱え、「失敗かな・・・?」なんていうことにはなりたくない。

自分の身は自分で守るべきという言葉があるように、レーシックの失敗を遠ざけるためには、広告などに惑わされず、やはり自分で納得できる良いクリニックを選ぶことが一番だ。その良いクリニックというものを見分ける一番のポイントは、治療を受ける側の立場に立って物事を考えることが出来ているかどうかではないか?

レーシックのメリットばかりをこれでもかと主張し、肝心の患者の話を聞き、丁寧な診察をしてその治療法に適しているかを判断したり、レーシックのデメリットを話すという事が出来ないようでは、良いクリニックとはいえない。

手術を行うのは、人間であり、失敗を遠ざけるためには、どんな人間から手術を受けるか、これが最終的には一番大事になってくると思う。もしどの眼科を選んだらいいかわからないなら、品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックのような圧倒的に症例数の多い眼科を選んでおけば、安全面の問題はまずない。

このページの上へ